北国の恵み 口コミ 成分

ルテインと目の関係

 

ルテインと目の関係

 

疲れ目にきく成分として今注目を集めているルテインは、サプリメントによく配合されているのを見かけます。
ルテインは体内にも存在しており、網膜の黄斑部に多くあります。ルテインは黄斑部の働きに重要な役割があると考えられています。
ものをクリアに見るための高解像度視力を作り出す機能の黄斑は、水晶体の真後ろのあたりに存在しています。
黄斑の色素濃度を、ルテインサプリメントなどを摂取することによって高めることができるでしょう。
加齢黄斑変性を効果的に予防することができるともいわれています。
黄斑色素は網膜を守ると考えられているので、黄斑色素濃度の計測が目の健康状態を測る指針としてよく行われていたようです。
ルテインは本来、黄斑部と水晶体だけに存在すると考えられていました。
しかし近年、眼球内のあらゆる組織にルテインが含有されているということが分かり、そこでルテインサプリメントへの関心が高まってきました。
体に有害なブルーライトを吸収する性質があるルテインは、黄色色素のカロテノイドという成分です。
ルテインは目の抗酸化力を高め、目の老化防止作用が期待されているのです。
ルテインは食事やサプリメントなどで摂取されて、体内で一定量は蓄積されるのですが、この蓄積できる量が40歳前後から徐々に減少していきます。
40歳を過ぎた頃から、サプリメントなどでのルテインの積極的な摂取を考えると目を守る効果が期待できるでしょう。

 

TOPページに戻る